ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍 > 戸籍 > 戸籍謄本等の不正取得に係る本人告知制度

本文

戸籍謄本等の不正取得に係る本人告知制度

記事ID:0004234 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

戸籍謄本や住民票の写しなどが不正に取得され、個人の権利利益が侵害されることを防止するために、「本人告知制度」を2015年4月1日から実施しています。

この制度は、戸籍謄本や住民票の写しを第三者が請求したもののうち、身元調査などの目的で不正取得されたことが判明した場合に、不正に取得された方(被請求者)へ、市からその旨をお知らせするものです。

 参考:佐渡市戸籍謄本等の不正取得に係る告知及び抗議の実施要綱[PDFファイル/14KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)