ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 療養費とその申請方法(国保)

本文

療養費とその申請方法(国保)

記事ID:0004108 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

療養費

以下のような場合、国保の審査で必要と認められれば、かかった費用の7〜8割が支給されます。申請が必要です。

  • 医師が認めるコルセットなどの補装具が必要になったとき
  • 医師が認める鍼灸やマッサージなどの施術を受けたとき
  • 保険証を持たずに診療を受けたとき

申請方法

医療機関では一度、全額を自己負担する必要があります。その後、市役所の窓口で申請してください。

申請期間

費用を支払った日の翌日から2年以内

申請用紙

国民健康保険療養費支給申請書(兼支給決定伺) [Excelファイル/41KB]

必要書類等

領収書、医師による証明書、国民健康保険証、世帯主名義の通帳
※世帯主名義以外の口座に振込を希望する場合は、世帯主の印鑑が必要です。

給付内容

かかった費用の7〜8割の額

申請人

加入世帯の世帯主

担当窓口

  • 市役所 本庁舎:市民生活課 保険年金係(0259-63-5112)
  • 両津・相川・羽茂支所:市民生活係
  • 行政サービスセンター