ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

「週休2日取得モデル工事」を試行します

記事ID:0000430 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

令和 2年 3月10日

「週休2日取得モデル工事」の試行について

 建設産業においては、週休2日(4週8休相当)の取得が進んでおらず、若年労働者をはじめとする建設関係の担い手確保・育成を進めるうえでの課題となっています。
 ついては週休2日を確保できる環境の整備を推進するとともに、週休2日制導入にあたって建設産業に浸透させることを目的として、「週休2日取得モデル工事」を令和2年4月1日以降に入札公告・通知する案件から試行します。

  1. 対象工事
    • 当初設計額が1,000万円以上の土木工事で受注者が希望したもの。ただし、発注者が週休2日モデル工事に適さないと判断した工事は除く。
  2. 実施要領
  3. 工期設定の考え方
  4. 現場閉所の確認方法
  5. その他
    • 受注者は、「週休2日取得モデル工事」を希望する場合は受注後速やかに監督員と協議し、発注者は協議が整い次第、工期の変更を行うこととします。
    • 受注者は施工計画書提出時に、工事現場及び技術者の週休2日の取得を確認できる工程表を監督員に提出してください。
    • 工事成績評定の取扱いについて、4週8休相当を達成した場合は加点評価とします。なお、取得できない場合であっても、減点評価は行いません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)