ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・広聴 > 市政へのご意見 > 2020年度:主なご意見・ご提言と回答(子育て)

本文

2020年度:主なご意見・ご提言と回答(子育て)

記事ID:0017698 更新日:2021年4月26日更新 印刷ページ表示

本ページの目次


新型コロナウイルス感染防止のための保育園登園自粛について

受付日:4月8日

緊急事態宣言が発令されました。その後ですが、関東圏、新潟市などからの帰省者の方が実際にいます。対象地域にはなっていませんが、保育園などは登園自粛にはならないのでしょうか。午前の検温で37.5度あると迎えに行くので、会社を半休以上にせざるを得ません。この検温は市からの要請でしょうか。

今の時期では大切なことと私も思っておりますが、半休も多くなり、この状況下で子の安全を第一に考え、自主的に仕事を休むことに決めました。収入面では厳しくなります。できることなら、補助金の関係もあるので登園自粛の要請を生活面と安全面から出して欲しいと思い、ご連絡いたしました。ご考察のほど宜しくお願いいたします。

回答

回答日:4月9日(担当:子ども若者課)

保育園などの登園自粛に関しては、現在国からの要請や佐渡市内での新型コロナウィルスの感染が確認されていないことから、通常開所としています。また、佐渡市内の小・中学校においても4月6日から授業を再開しています。なお、保育園では、施設や通園バスの消毒、定期的な換気を行うなど、新型コロナウィルス感染拡大防止に努めています。

保育園での検温については、国から示されている新型コロナウィルスの感染に関する相談・受診の目安である、「風邪の症状や37.5度以上の熱が4日間以上続いた場合」を参考とし、園児の体調管理として保育園に要請しているものです。今後の状況次第では、佐渡市内の保育園においても、登園自粛や休園の措置が必要となる場合もございますので、引き続きご理解、ご協力をお願いします。

子育て世帯生活応援事業について

受付日:9月1日

新型コロナウイルス感染症対策で、18歳以下の子どもを2人以上療育している家庭に商品券を支給するといった内容の申請書が届きました。子ども2人の家庭には5千円、3人から4人の家庭は3万円、5人以上では5万円といった内容ですが、みんな同じように子育てをしているし、税金も納めています。コロナによる経済救済の対策であるなら平等性が必要でないでしょうか。金額に開きがあるのはなぜですか。また、子ども1人の家庭に支給されないことにも非常に不平等さと、1人しか生まない家庭に烙印を押しているように感じます。子どもの人数が多くても家庭環境が豊かな人もいると思いますし、1人でも苦しい生活を強いられる家庭もあると思いますが。わたしの周りでもこの対策について不快に感じている人は多いです。

回答

回答日:9月4日(担当:子ども若者課)

本市では、新型コロナウイルス感染症の影響への支援として、国の特別定額給付金の支給に加え、観光商工関連、医療介護関連、教育、保育分野等、安定的な経済活動及び安心して市民生活が送れるよう各種施策に取り組んでいるところです。子ども若者課では、児童福祉施設等所管施設における感染予防対策のほか、子育て世帯への支援として、児童手当への国の上乗せによる臨時特別給付金のほか、18歳以下の子どもがいる世帯への生活支援給付金の給付を行ってまいりました。今回、子育て世帯生活応援事業として、これらの支援に加えて、複数の子どもがいる世帯への支援として取り組んでいるものです。支援の検討にあたりましては、当課を含め関係各課と協議のうえ、子育て支援とあわせ市内経済への消費拡大ということに視点をあてさせていただき、複数の子どもがいる世帯向けに、現金ではなく、商品券の給付を行うこととさせていただいたものです。ご指摘いただいた内容につきまして、配慮に欠けている部分がございましたことは、深くお詫び申し上げます。貴重なご意見として受止め、本市の子育て支援策がより良いものとなるよう今後の施策に繋げてまいります。

​保育園の保護者に対する対応の改善を

受付日:3月15日

子供が保育園に通っていますが、どうも担任がしばらく来ていないようです。
子供が「先生今日は来るかな」と毎日のように言っていたのでその先生がいない事に気づきました。
いつから来てないかは定かではありませんが2週間ほどかと思います。
送迎の際に先生方に聞いてみましたが濁されるだけでした。
園からのお便りなども全くありません。いつ来るかもわかりません。何週間も休むのに事前の知らせもなく、休んでからも何も伝えられていないのが気になります。
子供たちもソワソワしています。
このようなことでは、子供に良くないことが起こったとしてもうしてうやむやにされ保護者にも伝えていただけないのではと、子供を預けている身からすると心配です。

また、以前から園長の保護者への対応等も気になります。
接遇がなっておらず、同じことを何度も何度も聞いてきます。
メモを取ることもせず、初めて聞いたかのように何度も同じことを聞いてきます。
聞かれる身にもなっていただきたいです。
常に焦っているように感じるのでもう少し落ち着いて対応していただきたいです。

以下は園長の対応の一例です。
  ・数週間前からお伝えしていたにも関わらず、関係書類を急に渡され、週末であるのに翌週頭に提出するよう言われた。
  ・子供が園外保育の時に興味がある所に走って行ってしまったらしく、送迎の度に「この子は危ない。危険。大変」としばらく言われ続けました。言うのはよいですが、対応策も教えていただきたいと思いました。
  ・地域の活動に消極的で嫌がります。
  ・周りが見えていないためか、指摘したことに対して「知らなかった」で済ませます。

回答

回答日:3月19日(子ども若者課)

ご意見いただきました内容につきまして、園長と面談を行い、今後の対応について指導しましたのでご報告いたします。
最初に保育士の療養に伴う長期の休みにつきましては、保護者の皆様へのお知らせが遅くなり、ご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。今後は保護者の皆様へのお知らせが遅れることのないよう改善していきます。

次に、園長の接遇におきましては、これまでの対応を反省し、正しいマナー、言葉遣いで保護者の皆様へ不快感を与えることのないよう指導しました。
また、今後におきましても研修会や指導保育士による保育園訪問を通じ、職員の接遇について指導してまいります。
最後に、保護者の皆様へ信頼される保育園になるよう努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。