ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・広聴 > 市政へのご意見 > 2017年度:主なご意見・ご提言と回答(子育て)

本文

2017年度:主なご意見・ご提言と回答(子育て)

記事ID:0017320 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

本ページの目次

保育料について

受付日:6月27日

昨年はじめて出産し今年から保育園に子供を通わせます。
佐渡市は2人目から保育料はただと聞いていたのですが、私立の保育園は違うと言うことが最近知りました。
佐渡市内と言うことで私立の保育園でも無料化になるようにできないのでしょうか?
出来れば近くの保育園に通わせたいので。

回答

回答日:6月28日(担当:子ども若者課)

保育料については私立も公立と同じ取扱いですので、私立の保育園は違うということはございません。
兄姉が小学1〜3年の年齢にいる場合、在園児の保育料が無料になりますし、同時在園でも2人目以降は無料です。
今後も何か不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

二種混合予防接種事故について

受付日:8月24日

今後の対策として、十分な確認・・・・とありました。
これは全くの対策になってなく、ミスを個人に転化するだけのことです。
医療の投与ミスの対策は、複数でのチェックが基本です。
医療関係者にとっては当たり前のこと。

回答

回答日:8月28日(担当:子ども若者課)

この度の二種混合予防接種の事故に関しましては、皆さまにご心配、ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
当市としては今回の事故はワクチンの管理体制の徹底が図れていなかったことが原因と認識しております。ワクチン取り扱いに関するマニュアルの見直し等を早急に行い、再発防止に努めてまいります。
ご指摘のとおり、ワクチンを誤って持ち出したことについての一番の原因はダブルチェックが徹底できていなかったことであり、今後は確認体制の徹底的な見直しにより、複数人での統一した取り扱いを全職員の共通認識として行えるよう努めます。
皆さまが安心して予防接種を受けられることは何よりも優先すべきことかと思いますので、職員一同、意識を改め今後の業務に臨んでまいります。

乳児検診会場について

受付日:8月29日

本日、佐和田の行政センターに乳児健診へ行きました。受付前から多くのお母さん達が来られていましたが、やっと受付が始まったのが10分前です。受付時間前に来るのが悪いと言われればそうかもしれませんが、相川の乳児健診では早く行っても保健師の方がちゃんと準備も済ませ待っていて下さいます。
受付が始まる際、「では、来た方から順番にお並び下さい」と言われても20人以上いるのにどの方の後に来たかなんて早く来た人でもわかりません。
せめて保健師の方がいなくても来た順番がしっかり分かるように用紙をおいて名前が書けるように、母子手帳の回収や番号札配布は受付時間になってからでも、箱を置いてそこに入れておいて下さいでも構いません。用意してくれているとありがたいです。
また相川の乳児健診では、おでかけ支援センターの後だからかわかりませんが、オモチャを用意してくれています。佐和田にはなんにもなく、ぐずっている赤ちゃんばかりでした。オルゴールの音楽は流れていましたが、少しでもオモチャがあると違うのかなと思います。
9月からは相川での健診もなくなり佐和田に行かなければなりません。もう少し改善していただけるとありがたいです。

回答

回答日:8月30日(担当:子ども若者課)

昨日の佐和田保健センターでの乳児健診では、遠方よりお越しいただいたにも関わらず、会場での対応に至らない点がありご不便な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。
受付の方法やおもちゃのこと等、相川会場との違いに驚かれたこととお察しします。
健診に従事する職員共々情報共有をはかり、今後はなるべく各地区で統一した対応にできるように努めてまいります。
また、9月から相川地区の健診を国仲地区に統一させていただく中で、当市としてもより良い乳幼児健診のあり方を検討しているところです。
来場される皆さまがご不便のないようにすることが最重要と考えますので、ご指摘を参考に、今後も改善を続けてまいります。