ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

施設や資料の撮影等を行いたい場合の申請(特別利用申請)

記事ID:0004921 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

施設や資料の撮影等を行いたい場合の申請(特別利用申請)

博物館・資料館の資料は、撮影、模写、熟覧、著作物への引用(以下、特別利用)にご利用いただけます。対象者は、主に学術調査希望者やマスコミ関係者です。

上記特別利用をご希望の場合、事前の申請が必要です。申請書を下記からダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、撮影希望日の2週間前までに佐渡学センターへご提出ください。提出された申請書を検討のうえ、許可書を発行(郵送または施設で手渡し)します。

  • 個人的な利用の範囲内である撮影(来館の思い出、個人SNSに投稿など)は、撮影禁止資料を除き申請不要です。
  • 資料の保管状態などを考慮し、特別利用をお断りする場合があります。

撮影時の注意事項

開館中の館内で撮影する場合、下記を遵守いただきますようお願いいたします。

  1. 他のお客様のご迷惑になる撮影(三脚等器具を広げて通路を塞ぐ、1つの資料の前で長時間撮影するなど)は、お控えください。
  2. 資料や備品には触れないでください。また、立入禁止の場所には入らないでください。資料や備品、施設をき損した場合、賠償を求める場合があります。
  3. 撮影禁止資料を撮影したい、資料や備品を動かしたいなどのご要望がある場合は、必ず申請時にお伝えください。
  4. その他、良識を持って撮影してください。

申請書

PDFとDOCXは同一の内容ですので、いずれか一方をご利用ください。

申請書

(記入例)佐渡市博物館等特別利用申請書[PDFファイル/538KB]

申請先

〒952-1311 新潟県佐渡市八幡2041番地(佐渡博物館内)社会教育課 佐渡学センター

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)