ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 教育委員会 > 佐渡市教育委員会 > 学校教育 > 学校給食 > 佐渡市学校給食地場産物活用【佐渡イチオシ食材】

本文

佐渡市学校給食地場産物活用【佐渡イチオシ食材】

記事ID:0027213 更新日:2021年5月27日更新 印刷ページ表示

目的

(1)佐渡産物を活用した学校給食を生きた食育の教材とし、小・中学校9年間の食育を推進する。

(2)地場産物を活用することで、食べ物や生産に関わる人々への感謝の気持ちを育み、郷土を愛する気持ちを養う。

(3)佐渡産物の旬を伝え、味・よさを知ってもらう。

実施方法

 (1)「佐渡イチオシ食材」と題し、使用する食材を統一する。(給食で使用できない佐渡の食材は、番外編としておたよりで紹介する。)

 (2)献立の内容は各調理場で自由とし、発注も各調理場でする。

 (3)実施する月は5月から2月までの年9回とする。

 

<令和3年度 実施予定カレンダー>
  第1回 第2回 第3回 第4回
掲載月 5月 6月 7月 9月
掲載食材 サクラマス きゅうり

番茶

(番外編)

パッションフルーツ

(番外編)

 
  第5回 第6回 第7回 第8回 第9回
掲載月 10月 11月 12月 1月 2月
掲載食材

みそ しょうゆ

切干大根

(番外編)

打ち豆

  ※急遽、食材の変更や中止となる場合があります。

 

イチオシ食材おたより

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)