ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 商工業 > 起業・経営支援 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 個人事業主・事業所向け支援策 > 融資・経営相談窓口 > 売上高などが減少している中小企業の皆さまへ:危機関連保証制度のご案内(申請期限は2021年12月31日)

本文

売上高などが減少している中小企業の皆さまへ:危機関連保証制度のご案内(申請期限は2021年12月31日)

記事ID:0003704 更新日:2021年6月8日更新 印刷ページ表示

 


新型コロナウイルス感染症の影響拡大により、中小企業庁が危機関連保証を発動しました。この認定を受ければ、一般保証やセーフティネット保証とは別枠の信用保証協会の保証(保証割合100%)を受けることができます。

概要

  • 信用保証協会が、一般保証限度額やセーフティネット保証限度額とは別枠で保証します。(100%保証)
  • 信用保証料率が0.8%以内で運用され、通常料率より軽減されることがあります。

認定要件

  1. 金融取引に支障をきたしており、資金調達を必要としていること。
  2. 最近1か月の売上高等が、15%以上減少していること(前年同月比)。また、今後2か月間を含む3か月間の売上高等が、15%以上減少することが見込まれること(前年同期比)。

指定期間

2020年2月1日〜2021年12月31日

  • 上記「認定要件」に当てはまらなくても、要件の緩和などがありますので、お問い合わせください。

詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

申請方法

期限までに必要書類を提出してください。なお、申請から認定書発行まで数日間を要しますので、余裕を持って申請してください。

申請先

地域振興課 産業振興室(市役所 第2庁舎)

必要書類

  • 「1. 認定申請書」のPDFとDOCXの内容は同一ですので、いずれか一方をご利用ください。
  1. 中小企業信用保険法第2条第6項の規定による認定申請書
  2. (金融機関による代理申請の場合)委任状 [PDFファイル/77KB]
  3. 実在確認書類
    • 法人の場合:決算書の写し、法人事業概況説明書、法人謄本(履歴事項証明書)の写しなど
    • 個人の場合:確定申告書の写し、開業届の写しなど
    • 上記以外に、実在確認・事業実態がわかる2種以上の資料(賃貸契約書、公共料金(水道光熱費)支払領収書、出店証明、営業許認可書、オンラインショッピングなど公開情報で事業活動を行っていることが確認できるものなど)
  4. 売上高等の証明資料

認定書の有効期間

認定書の有効期間は、認定書の発行日から30日間です。
ただし、危機指定期間の終期が先に到来する場合は、その終期が有効期限となります。

手続の流れ

  1. 地域振興課 産業振興室へ申請
  2. 審査後、市から認定書を発行
  3. 認定書により金融機関へ融資を申込
  4. 金融機関が信用保証協会へ保証申込
  5. 信用保証協会が金融機関へ信用保証決定
  6. 金融機関の融資実行
  • 「2」の認定が信用保証を確約するものではありません。認定とは別に、金融機関と信用保証協会による審査があります。各金融機関や信用保証協会との事前のご相談をおすすめします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


お願い・お知らせ