ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

佐渡市が優先接種の対象とする職種等について

記事ID:0028453 更新日:2021年7月20日更新 印刷ページ表示

佐渡市では、職域接種として「大規模接種」を実施します。
職域接種は通常、1,000人以上の企業が主体となり実施するものですが、佐渡地域では中・小企業が多いことから、64歳以下の方へのワクチンとは別枠のワクチンで、佐渡市が主体となり実施します。
優先順位としましては、重症化リスクの高い方に接する機会が多い業種の方を対象者として計画しています。

  • 優先接種の対象となるためには、市へ申込みが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
  • ワクチンには限りがあります。ワクチンの供給量により、優先順位の高い業種から割り振らせていただきます。

※個人事業主以外の一部事業所については、佐渡市の関係部署から別途ご連絡させていただきます。
※国へ職域接種の申請を行った企業の従業員については、対象外となります。

更新情報

・令和3年7月13日 
申請の受付は終了しました。

・令和3年7月20日
応募者多数のため、優先順位4及び5の職種については、対象外とさせていただきました。
また、優先順位3のオ~キの職種は、対象者数を調整中です。対象となった職種の方には、個別に接種券を発送中です。

優先接種の対象とする職種等

 

優先順位

職種等

摘 要 

選定結果

1.高齢者等に接する機会が多い業種

福祉

保健・医療

ア 高齢者施設等従事者

イ 介護サービス事業所職員

ウ 障害福祉サービス事業所職員

エ 民生委員、生活保護等ケースワーカー等

オ 鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師

2.島外の人と接する機会が多い業種

商工観光

ア 観光施設職員、ホテル・旅館業

イ 公共交通関係、タクシー・レンタカー関係

3.不特定多数の人と接する機会が多い業種

サービス業

ア 関東圏等への営業活動が多い方

イ 理美容業

ウ ※飲食店、小売店、サービス業

エ ※スーパー

オ ※金融業

カ ※郵便局

キ ※農業協同組合

(※印 不特定多数の人と接する部署の方)

4.幼児に接する機会が多い業種

幼児

ア 保育士、児童支援員・厚生員

イ その他関係者(幼児と接する機会が多い方)

×

5.児童等に接する機会が多い業種

教育

ア 小中学校教員、養護教諭、介助員、学習支援員

イ その他関係者(児童と接する機会が多い方)

×

集団接種日程(予定)

A:1回目 7月31日(土曜日) 2回目 8月21日(土曜日)

B:1回目 8月 1日(日曜日) 2回目 8月22日(日曜日)

( C:1回目 8月28日(土曜日) 2回目 9月18日(土曜日) )

( D:1回目 8月29日(日曜日) 2回目 9月19日(日曜日) )

※C、Dのスケジュールは、ワクチンの供給状況により実施します。

※接種日及び受付日は、佐渡市で割り振りをさせていただきます。

集団接種会場

佐渡市総合体育館(佐渡市窪田75-1)

申込方法

1 Webフォーム

  下記Webフォームに必要事項を入力のうえ、送信してください。

  優先接種申込Webフォーム (受付終了)

2 郵送または持参による申込

  下記の「希望者報告書」に必要事項を記入のうえ、郵送または持参にてご提出ください。

  提出先 

  佐渡市役所 市民生活課 健康推進室 健康増進係

  〒952-1292 新潟県佐渡市千種232番地

申込期限

令和3年7月13日(火曜日) 

※郵送の場合は同日必着、持参の場合は午後5時必着

その他

ワクチンの供給状況によっては、優先順位の高い業種から実施させていただくことがございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


お願い・お知らせ