ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナワクチン接種のお知らせ

記事ID:0026087 更新日:2021年7月28日更新 印刷ページ表示

本ページの目次

接種券・予診票の発送
ワクチン接種の状況
ワクチン接種の優先順位
佐渡市の接種体制
集団接種について
医療機関による個別接種について
基礎疾患のある方の優先接種
住所地外での接種について
大規模接種会場について
自衛隊大規模接種センターについて
予防接種健康被害救済制度について
関係リンク

新型コロナワクチン接種

新型コロナワクチンの接種を希望する人は、原則として住民票所在地の市町村で接種を受けることになっています。
佐渡市に住民票をお持ちの方には、ご自宅に接種券と予診票を送付します。
住民票所在地以外での接種については、新型コロナワクチンの住所地外での接種をご覧ください。
佐渡市では、国が示したワクチン接種の優先順位を踏まえ、接種を行います。
ワクチン接種開始の時期が決まり次第、接種の日程等を市ホームページやSNSなどでご案内します。

接種券・予診票の発送

佐渡市内に住民票がある方を対象に、新型コロナワクチンの接種券・予診票をワクチンの供給量が確定次第、発送します。
発送時期等は次のとおりです。

接種券・予診票の発送時期等
年齢 発送時期 接種等の状況

75歳以上

4月23日発送済み

5月17日~接種中

70歳から74歳

5月21日発送済み 5月17日~接種中
65歳から69歳

5月26日発送済み

5月17日~接種中

16歳から65歳未満の基礎疾患を有する方

随時発送中 7月10日から接種開始
63歳、64歳 7月6日、7月7日発送済み 7月10日から接種開始
62歳以下

7月以降に国から供給されるワクチン量が激減したため、接種時期は未定となりました。接種時期が決まり次第、改めてお知らせします。

※接種券・予診票の発送時期は、国のワクチン供給スケジュールを参考に決定しています。詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

ワクチン接種の状況

佐渡市内に住民票がある方のうち、65歳以上高齢者のワクチン接種状況は次のとおりです。

ワクチン接種記録システム(VRS)上の接種状況(令和3年7月13日現在)

年齢

対象者

1回目

2回目

人数

接種率

人数

接種率

65歳以上高齢者

22,878人

18,642人

81.5%

15,349人

67.1%

 

ワクチン接種の優先順位

 ワクチンは順次市町村に供給されるため、国が接種順位を決めています。

 接種順位 [PDFファイル/116KB]

1 医療従事者など

 新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に頻繁に接する機会のある医療従事者など

2 高齢者

 令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

3 基礎疾患を有する方、高齢者施設等で従事している方

4 その他の方

 16歳から64歳の方

佐渡市が優先接種の対象とする職種等について

上記「4 その他の方」のうち、重症化リスクの高い方に接する機会が多い業種において、優先の対象とする職種への職域集団接種を計画しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

佐渡市の接種体制

接種場所

公共施設等の集団接種会場や市内の医療機関で接種を行います。
また、高齢者施設等に入所・入居している方は、高齢者施設等で接種を行います。

接種費用

無料(全額国の負担)

接種回数

1人2回の接種です。
ワクチンの接種により、3週間から4週間の間隔で接種します。

 

集団接種について

集団接種は5月31日から開始しています。

65歳以上の方

16歳から65歳未満の基礎疾患を有する方、64歳・63歳の方

※すでに予約可能枠が終了した会場・日程や追加した日程があります。
   詳しくは佐渡市ワクチン接種コールセンターへお問い合わせください。

接種会場

集団接種会場

両津総合体育館(または、あいぽーと佐渡)

あいかわ開発総合センター

金井コミュニティセンター(または、トキのむら元気館、新穂体育館、真野ふるさと会館)

羽茂農村環境改善センター


予約方法

集団接種の予約は「佐渡市ワクチン接種コールセンター」または予約サイト<外部リンク>で受付します。
5月24日から予約可能です。通知が届いた直後は、お電話がつながりにくい状況が予測されます。
お時間をおいて、おかけ直しくださいますようお願いします。

※75歳以上の方から優先的に予約を受け付けておりますので、電話予約、ネット予約ともに予約枠が終了している会場・日程があります。

佐渡市ワクチン接種コールセンター
電話 0570-081-788
受付時間 平日9時から12時、13時から17時


予約サイト運用時間 12時から24時

予約サイトQRコード予約サイトQRコード

 

医療機関による個別接種について

医療機関での個別接種は5月17日から開始しています。
なお、医療機関によっては接種開始時期が異なります。

接種会場

接種を受けられる医療機関については、こちらをご覧ください。

予約方法

医療機関での個別接種は、接種券が届いた後に、各医療機関へ予約ください。

なお、各医療機関では、電話回線も少なく、電話がつながりにくい場合がございます。
基礎疾患やアレルギー等がない方につきましては、なるべく集団接種をご利用ください。

 

基礎疾患のある人の優先接種について

新型コロナワクチンの供給量を踏まえ、接種券を年齢などの区分に応じて段階的に送付していますが、優先接種順位に基づき、基礎疾患があり接種を希望する人(65歳未満)に、優先して接種券を送付します。詳しくはこちらをご覧ください。

 

住所地外での接種について

新型コロナワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことにより、接種を受けることができます。

ただし、佐渡市で接種する場合は、佐渡市民における予約受付時期と同時期に予約が可能となりますので、ご了承ください。

住所地外での接種対象者

  •  出産のために里帰りしている妊産婦
  •  単身赴任者
  •  遠隔地へ下宿している学生
  •  入院、入所者
  •  基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  •  災害による避難者  など

申請方法

住民票所在地以外で接種を希望する方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に「住所地外接種届」の届出が必要です。下記のいずれかの方法で申請してください。
市町村は、「住所地外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで「住所地外接種届出済証」を交付します。


1 郵送申請
 「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し(コピー)」、「返信用封筒」を添付して、接種を行う医療機関等が所在する市町村に郵送してください。

2 窓口申請
 接種を行う医療機関等が所在する市町村の窓口に「住所地外接種届」のほか、「接種券」または「接種券の写し(コピー)」を提出してください。

3 Web申請
 厚生労働省
が設けるWebサイト(コロナワクチンナビ)で、接種を希望する医療機関等の所在地の市町村に対し住所地外接種届を提出してください。

4 市町村への届出を省略できる場合
 下記の場合は、市町村への届出を省略できます。接種を行う医療機関等が所在する市町村にお問い合わせください。

  •  入院・入所者
  •  基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要がある人
  •  災害の被害にあった人 など

 

大規模接種会場について

新潟県が設置した大規模接種会場(朱鷺メッセ)で、佐渡市民もワクチン接種が可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

大規模接種会場への交通費補助金

新潟県が実施する大規模接種会場で接種を受ける場合の航路運賃の一部を補助します。
詳しくはこちらをご覧ください。

自衛隊大規模接種センターについて

自衛隊大規模接種センターの接種対象地域が拡大され、全国どの地域に居住されている方でも予約が可能となりました。

接種予約時には、接種券が必要です。大規模接種センターで接種を希望される方は、以下の申し込みフォームで送信するか、佐渡市市民生活課健康推進室まで電話等でお申出くださいますようお願いします。

なお、東京・大阪共に感染状況が収まっておりません。やむを得なく大規模接種センターで接種することとなった場合、慎重な行動をお願いします。

また、帰宅後も2週間程度の健康観察を行うなど、接種後の行動にもご注意願います。

 

予防接種健康被害救済制度について

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れや痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。

新型コロナウイルスワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。

制度の詳細については、厚生労働省のホームページをご確認ください。

 

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)